過去問題集を買う|新時代を渡るなら|英会話教室でレッツスタディー
複数の人

新時代を渡るなら|英会話教室でレッツスタディー

過去問題集を買う

複数の人

英語能力テストとしては、TOEICとTOEFLがあります。テストを受けようと考えている方は、どれがどれなのか分からないという方もいるでしょう。2つの違いとしては、目的や難易度、受験者層、テスト内容、料金などが異なります。TOEICは、大学などの高等教育の機関におけるテストになります。TOEFLは外国語としての運用能力があるか判定するテストになっています。TOEICはTOEFLが難しいという方に向けたテスト内容になっているため、自分の英語運用能力を調べるにはTOEFLを受けましょう。TOEFLのテストは難易度が非常に高く、試験時間としても4時間になっているため、精神的なダメージを受ける方は多くいるのではないでしょうか。集中力を持続させるためにも、TOEFL対策を行っておきましょう。

TOEFL対策を行う際には参考書を買いましょう。参考書は色々な種類があり、どれが良いのか迷ってしまう方も少なくありません。TOEFL対策に最適なものとしては、ETSの公式ガイドブックの過去問題集を利用しましょう。公式の過去問題集は、日本語で表記されているものもありますが、外国版のものを買った方が良いでしょう。初めてTOEFLテストを受けるという方も多くいるでしょう。テストを受けたことがないため、どういう風に出題されるか分からない方もいます。ですが、過去問題集であれば出題傾向を知れますし、TOEFL対策を行うことができます。参考書を買っても全然TOEFL対策ができないという方は、通信講座や英会話スクールに通うと良いでしょう。対応しているところであれば、TOEFL対策の授業を受けることができ、効率良く勉強することができます。